アラフォーママの妊活記録

小2(2017年4月現在)男児の母です。2人目希望で妊活してます。アラフォーなんてなんのその。2回の稽留流産を経てコウノトリを待つ日々!

D17 改めて思う

D17です。

昨日の卵胞チェックで一通り落ち込んだ後ですが。

 

やっぱり、妊活って大変なんだなぁというか。

一番初歩のタイミングではありますが、やっぱり精神的にはくるものがあるんだなぁというか。

リセットがきた時以外にも、ダメージを受ける場面というのはままあるもので。

 

個人的には、超音波でみてもらってダメだったとき(排卵してなかった、順調に大きくなってなかった)の、なんともいえない感じが

この一年くらいの間で何度もくらってるので、

地味~に辛いです。

 

ホルモンの値とかで、排卵まで時間かかるタイプだって分かってるんだけどね。

一応、これくらいで排卵しそうです、ってお医者さんに言ってもらって、

それで更に遅れるっていうのがね。

そうか、そうなのか、私の体よ・・・って感じで 分かりにくいですね

 

旦那さんが「もう済んじゃってた、っていうのよりはいいんじゃない?まだこれからくるんでしょ?」って言ってくれましたが、

ほんと前向きというか、こういう思考が自然にできる人ってほんと尊敬します。

 

てか、「(排卵)まだだったわ。ごめん。またチャレンジになるけど・・・」て伝えても、嫌な顔をされたことがないのよね。

申し訳ないと思いつつ、凄いなあと思う。逆の立場だったら、何度かキレてそうだわ。

 

タイミングに関しては全面協力してくれるので、ほんとにありがたいんです。

旦那さんいわく、何度聞いてもよく分からないから任せます、ってことだそうで

自己注射の話をしたら、さすがにちょっとひいてましたけど。

 

そんな旦那さん、この間までやってた深キョンたちのドラマ、ちょっと見てたみたいで

私は息子と寝オチしたりして、後から起きてきてたので

 

「あれ、ほんまにあんなんなん・・・?」

とかなりたじろいでおりました。どのシーンのことか分かんなかったけど

 

我が家は、私が調べすぎるくらいに調べて、無駄にいろいろ知ってるタイプなので、

あまりよく知らん(てか妊活してる割に知らなすぎ?)くらいの旦那さんとのバランスは、

うまいこととれてるのかもしれません。

 

これで、旦那さんがいろいろ調べて、意見してくるようにでもなったら、

ちょっと険悪になりそうな気がします。

私、意外と気が短いタイプなもんで

 

まぁ、通院や薬や注射や、こっちの負担ももうちょっと分かってよ、という気もしないでもないけど。

それは恩着せがましくなるような感じもするし。

 

なんでも小難しく考えがちな私と、

それを引き止める感じな旦那さんとのコンビですが

絶妙なバランスな感じがしますね。妊活に限らずですが。

 

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代後半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村