アラフォーママの妊活記録

小4(2019年4月現在)男児の母です。2人目希望で妊活してます。アラフォーなんてなんのその。3回の稽留流産を経てコウノトリを待つ日々!

7w5d 転院先初診

本日、転院先にて初診でした。

 

転院先は、大学病院です。

持病の科との連携ができるところが、

我が家が通院できる範囲内では、ここしかないのです。

 

3年ちょっと前、一度目の流産でお世話になった時以来。

どうしても、よいイメージはない。

 

道すがら、ここまで来るのに3年かかった、と思うか・・・

もう一度戻ってこれた、と思うか・・・

複雑でした。

 

総合窓口で初診受付をし、産科で待つこと、約1時間半。

同じ待つでも、個人クリニックと大学病院とは、

雰囲気が全然違う・・・

 

なんだろう、息苦しいというか、気分が落ち込んでしまう。

個人クリニックって、環境改善に力入れてるんだなぁ・・・と実感。

 

最初に個室で問診を受け、中待合で待ってました。

3年前のように、一般外来の方で呼ばれると思ってたのですが、

意外にも、妊婦検診窓口の方で呼ばれました。

 

え?そっちでいいの?

まだ妊婦検診じゃなくない?

母子手帳ももらってきてないし。

 

案の定、入り口が開いてる診察室の奥から、

母子手帳がないから~~」

「こういうのが~~」

みたいな、先生とスタッフさんの雑談と思われる声が聞こえてきて、

なんか、気分はよくない。

 

紹介状があるから、そっちだったのだろうか。

結局、妊婦検診の方で呼ばれました。

 

再度、簡単に問診を受け、

持病の科の先生とも、一度顔合わせが必要だということ、

今日は、赤ちゃんが順調に育ってるのか確認するということ。

 

そして、出生前診断について。

この話は、思うところがいろいろあったので、別記事で書かせてください。

 

で、内診へ。

 

超音波。そうだ、この病院は、モニターが見えないんだった。

カーテンで仕切られた先にモニターがあって、

先生が先に診察して、途中でカーテン開けてくれるまで見えないんだったよ・・・

よみがえる記憶。

 

機械を入れられて、すぐに撮影をしているような音。

赤ちゃん、見えてるのかな?

気が気じゃない。

 

「開けますねー」

 

カーテンがあいて、モニターが見える。

「見えますか?脚で見えない?大丈夫?

ここ、赤ちゃんの中で動いてるの見えますか?」

 

心拍ありました!

 

「これが確認できるのが、この時期大事ですからね」

 

そして、あっさり内診は終了しました。

 

診察室に戻り、エコー写真をもらってみると、

前回より大きくなったように見える赤ちゃんが。

 

「特に何もなければ、次は4週間後になるんですが・・・ご不安があるようなら、2週間後にすることもできますけど、どうされますか?」

 

4週間後・・・12週直前やん!そこまで待つのは無理だろう!

なので、迷わず2週間後に。

 

母子手帳はいりますか・・・?と質問したら、

「そうですね・・・次みた後にしましょうか。次順調なら、もうほぼほぼ、大丈夫だという週になってますからね」

 

ということで、次回2週間後に予約して終了。

 

もらったエコー写真には、大きさは何も書いてありませんでした。

病院変わったから、前回までのと比べても、比較できず。

大きくはなってそうなんだけどなぁ・・・

せめて「今どのくらいの大きさですか?」くらい聞けばよかったかなぁ・・・

 

なんか、すっごいモヤモヤしてしまった初診となりました。

別に書く話のせいでもあるんですけど・・・

 

とりあえず、最初4週間後でいい、と言われたということは、

トラブルや懸念がないからそう言われたのかもしれないし。

と、無理やり前向きに気持ちを切り替えてみました。

 

正直、順調なのかすごい不安なんですが。

もう信じるしかないと。

ごちゃごちゃ考えても不安が増すだけだし。

 

なんとか2週間過ごすしかないなぁ。

 

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村