アラフォーママの妊活記録

小4(2019年4月現在)男児の母です。2人目希望で妊活してます。アラフォーなんてなんのその。3回の稽留流産を経てコウノトリを待つ日々!

ご無沙汰しとります!

大変ご無沙汰しております!

 

気付けば、50日近く更新しておりませんでした。

ブログ開始して初だな。こんなに空いたの。

 

更新しなかった理由ですが、

 

書くことがなかった

からとしか言いようがないです。 すみません

通院治療をお休みしてたら、妊活日記としてはネタがないので・・・

 

日常のことでネタになるような出来事も特になく

GWなどイベントはありましたが、基本平和でした

 

あ、息子ちゃんが10歳になりました!

おめでとう

 

で、なんで再開したかというと、

今日、通院だったからです。

そろそろまた、妊活も再開かなぁ、と。

まぁ、まだ術後3周期経ってないので、まだっちゃまだなんですが。

 

ちなみに、当初の予定では、

先月末に生理前(高温期)の検査を受ける予約を入れていたんですが、

 

予定より一週間ほど早く、術後2回目の生理がきまして。

 

妊娠前と同じように35日周期で計算してたんですが、

なぜか28日周期できてしもーて。

 

なので、キャンセル。

一周期延びることに・・・

 

そのリベンジ 言い方 を、

今日受けてきたわけです。

 

ちなみに、前回の血液検査の結果も出てました。

そういや、試験管9本分採血されたんだっけか

 

それによると、亜鉛が足りないそうで。

亜鉛不足は、不育症に関係ないとはいえないみたいで、

免疫機能に異常がでるとかなんとか

サプリで補うほうがよいとのこと。

 

ただ、亜鉛の値は、たいがいの人で低く出るらしく

「本当に不足なのかなぁ」とおっしゃっていましたが。

まぁ、可能性があるんなら、取り組みますです。

 

で、今日の検査ですが、

超音波で卵巣や子宮のチェックと、

子宮内の細胞を採取するようなものでした。

 

「ちょっと痛いですけど、がんばってください。無理はしないでね」と言われ、

いざ、久しぶりの内診台へ。

内診台、今んとこ良い思い出がない。

仕方ない

 

そんな痛みに弱いほうではないので

むしろ強い方というか、耐える方かと

緊張はしつつも、冷静でいたのですが、

 

痛かったです!

 

広げられる&吸い取られる感触、

酷めの生理痛&刺激痛といった感じで、

思わず「ウッ・・・」と声が漏れました。

 

先生も、看護師さんも、声をかけてくださり、

優しく対応してくれたので

なんとか耐え切りました。

ひたすら深呼吸してました。

 

これまで、卵管造影など、痛いといわれているものでもそう辛くなかったのですが、

今回は痛かったなぁ。

でもまだましな方だとは思うが。

 

終了して、身だしなみを整える時にも

看護師さん「台から降りて、気分が悪くなったりする方もおられるので、

ゆっくり支度なさってくださいね」

と言われたし。

 

その後、しばらくは重い生理痛のような鈍痛がありましたが、

しばらくしたら気にならなくなりました。

 

今回の検査は、大学病院で行う特別なものらしく、

書類にサインしたり、何ページもある説明のレジュメをもらったりして説明を聞きました。

両方の卵巣や子宮の形は、異常なし。

あとの結果は4週間後に出るそうなので、予約。

その時に、去年受けられなかった子宮けい癌検診も受けることに。

 

帰りにまた採血。今日は4本分

これで一通りの検査は終わりみたいです。

これでなにか原因が見つかって、治療できるもののようなら、

保険診療の範囲内で治療をする、と。

 

お会計で、高いかな~と思っていたら

 

度肝を抜かれました。

 

自由診療で、ちょっと高価だとは聞いてましたが

受ける前に金額聞いていたら、やめてたかもしれない額

でした・・・

 

当然、手持ちでは足りず、

いったん操作キャンセル(自動精算機)して、ATMに走りましたよ・・・

 

会計間違いじゃないか?むしろ間違いであってくれ・・・と思いましたが。

明細確認すると、自費の検査項目がずら~~~っと。

うん、確かに間違ってないね。

 

なんだか、旦那さんに聞けずに払ってしまって、

申し訳ない気持ちでいっぱいです・・・

いや、受けちゃったから払わないといけないんだが

自分の在宅バイト代でなんて、到底払えない額でした。

 

一応ね、不妊治療やってる者としては、

一回のお会計で、2~3万くらいなら、そう動じなくはなったんですよ。

自己注射とか、それくらいしたし。

 

でも、今回はビビりました・・・

だって、この前の2泊3日の入院費を余裕で越えてきたからね・・・

 

改めて

不妊治療ってすごいなぁ、と。

タイミング法しかやってない人間ですので

 

気持ちを切り替えて。

とりあえず、この結果が出るまでに、

たぶんもう一回リセットするだろうから、

そしたら術後3回見送りで、

いよいよ再開できるかな、と。

 

とはいえ、術後2回の生理が2回とも、

いつもの初日に満たないくらいのごく少量が、

だらだらだら~~~~っと長く続く、

なんともいえず、すっきりしない生理だったもので、

 

もしかして、子宮内膜ちゃんと育ってない?

回復してない?

ますます妊娠しづらくなる?

と不安ではあります。

 

漢方の先生の方で、内膜を育てる、しっかり生理をおこす対策の処方をしてもらったので、

次回、三回目はしっかりきてほしいものです。

 

というわけで、徐々にまた更新していきたいと思います!

とはいえ、次回の診察までまたネタがなさそうなんだが

 

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村

 

↑ランキング、出戻りでございます

新年度

本日4月1日。

新年度ですね。

 

まだまだ絶賛春休み中ですので、

そんな実感はわかないのですが、

世の中的には新年度が動き出してるのか、と。

 

それより今日は、

元号発表が全てだったのでしょうが。

 

うちでも、息子と二人、テレビ前に待機してしっかり見ましたよ。

 

今回流産してなければ、新元号元年ベイビーだったのになぁ、と

残念な気持ちはあるものの。

まぁ、そういう話でもないしね。

 

さっき、芸能ニュースで、43歳のタレントさんが第三子妊娠、とのことで、

まだまだいける!あきらめない!と

ひそかに決意を新たにした来月41歳。

 

昨日あたりから、生理かな?という出血が始まってるのですが、

ものすごく少ないので、

確か、前回の流産もそうだったかな~と思い出してみたり。

一回にカウントしていいんかいな?と迷った記憶があるので。

でもまぁ、出血してるんならカウントでいいよね。

 

今回と、あと1~2回スルーしたら再開かな。

手術した大学病院では、生理3回見送ると言われたが、

そこんとこは、病院、お医者さんによりけり、だそうで、

2回でいいとか、なんなら一回見送ればオッケーな場合もあるようなので。

 

ちょうど今日、漢方の問診だったのですが、

やはり休養はしっかりある方が好ましいようなので、

2回は見送るつもりでおります。

不育症検査もあるしね。

 

そうだ、不育症検査の予約、電話せねば。

 

何気にやることあるではないか。

 

年度変わったし、心機一転いきますかー

診察

術後三週間で診察でした~

 

待てども待てども呼ばれず。

私以外みんな呼ばれていくのに・・・と思ってたら、

 

場所が違いました

おーまいが

 

三週間前の記憶をたぐりよせ、

もしや・・・と思って受付に行ったら、

ちょうど内線でお呼び出しがかかってたところでした。

すんません

 

同じフロア内ですが、

産婦人科(一般、妊婦検診)と、

生殖医療センターとで分かれてるんですよね。

さっすが大学病院。

 

結構待ってる人もいたんですが、

造りのせいなのか、先生の声が大きめなのか、

待合にいたら診察室の中の声が聞こえるという・・・

ま、みんなお互い様、なのか、気にしてるような人はいなかったように見えましたが。

なんか、治療内容が聞こえちゃって気まずいのには違いないけど。

 

で、少しして呼ばれまして。

先生は、いい感じの先生でした。

これまでの大学病院の先生のイメージより明るいし、爽やか?だし、

こちらをちゃんと見て、いろいろきっちり説明してくれて、

しゃべりすぎな感じはなく、でも必要なことはきちんと話してくれて、

不安や不満がない診察でした。

 

三回続けての流産ということで、

後発性不育症、ということかと思いますとのこと。

 

考えられる検査としては、

子宮の形をみる、

血液が固まりやすくないかみる、

赤ちゃんを異物ととらえすぎないかみる、

ホルモン値をみる、

などなど。

 

前のクリニックに戻って、不育症検査を受けるつもりでいたのですが、

保険がきかない検査も、大学病院だと無料で受けられるものもあるらしく

研究材料になったりするんでしょうか?

せっかくだし、検査もこっちで受けようかな、という感じになりました。

先生の感じもよかったし。

ここ大事

 

最後に質問や不安点について聞かれ、

もうすぐ41歳になるし、

検査の結果、異常が見つからなかったとしても

不妊治療を続けられるか、ということを聞いてみました。

やっぱり年齢の要素が大きいだろうから、

これといった(不育症の)治療ができなくても、

続けていけるものだろうか、という。

できればもう少しがんばりたいんですが・・・と話すと

 

まだまだいけると思いますよ。

結構、すごいチャレンジをされている方々もいらっしゃいますし。

もう無理です、来ないでください、なんて言いませんから。

 

笑顔で言われた、その返事に、ユーモアを感じまして。

なんか、この先生に任せても大丈夫かも、と思えました。

 

今のところ、不妊治療は前のクリニックに戻るつもりですが。

やはり、大学病院だと、待ち時間や通院が大変になりますので。

でも、ここの先生にお世話になる、という選択肢もなくはない、と思えて

思いがけない収穫でした。

よかったです。

 

次回、生理がきた後に改めて予約して、検査を一通り、ということになり、

本日は終了。

そういえば、超音波とかしませんでした。

よかったのかな?

看護師さんに、退院後変わりはありませんでしたか?と聞かれたので、

それで終わりなのかな?

まぁ、体調悪いとかないし。

これで生理がくれば、回復も順調ということなのかなと。

 

うん。まだできることあるかもしれない。

前向きにいこう。